2006/09/22

軽快なファイルマネージャ thunar

linuxでは、意外といいファイルマネージャがない。
gnomeの標準のnautilusもいいのだが、やや重い。(かなり軽くなってきた。)

そんな時に使い物になるファイルマネージャーを探していたのだが、
thunarは意外といい。(標準で入ってないと思うのでパッケージマネージャとかで入れる。)
xfce用の新しいファイルマネージャとしてでてきたので、
機能はそれほど高くないが、まともで日本語化もされている。
(軽いファイルマネージャには日本語使えないものも多い)

nautilusは、ssh,ftp,smb(なぜかNFSはないな。コマンドでマウントしろってことか)などの
プロトコルをサポートしてくれて、ローカルの環境とサーバーの環境がファイルシステムにおいては
シームレスな環境を実現してくれる。(アクセス用のID/passwordもkey-ringで管理してくれる)

必要に応じ、軽いローカル用のファイルマネージャと使いわけるとよい。

(すみません、KDE環境は使ってないので、ふれていません。
標準でいい感じのようです。なんとなく好みでKDEは避けています。)

2 件のコメント:

sayito さんのコメント...

ubuntu日記のelsalです。

KDEでインストールしてみましたが特に問題なく使用できます。<thunar
ホント、軽くていいですね。

NautilusとかKonquerorってSSHサポートしてるんですね...。
知らなくて今までシェルスクリプトでやってました...。

BunBuku さんのコメント...

SSHで接続していると、直接サーバーのファイルさわれている感じでいいですよね。時々、サーバーだったこと忘れてしまいます。

Konquerorの評価されていましたね。私も入れてみます。